会員規約

本規約は、一般社団法人デザイナーズスキル認証機構が運営するウクレレライフ協会(以下、

「ULA」といいます。)の会員(以下、「会員」といいます。)の入退会及び権利義務等について定めるものとし、本規約に定める入会申込を行った時点で、本規約に同意したものとみなします。


第1条(目的)

ULA は、ウクレレの普及とウクレレの演奏技術や知識習得を通して、多くの人々に豊かな時間を提供することを目的とします。また、ウクレレに関する情報の発信、検定試験の実施と認定、スキルアップのためのセミナーやイベントの企画・開催といった活動を行うことを目的とします。


第2条(会員)

  1. 会員の区分は、以下のとおりです。

    1. 無料会員

    2. 有料会員

  2. 会員は、以下のいずれかに該当する者をいいます。

    1. 無料会員

      第3条第1項(1)に定める方法により ULA に対して入会を申込み、ULA がこれを承認した個人

    2. 有料会員

    第3条第1項(2)に定める方法により ULA に対して入会を申込み、ULA がこれを承認した個人

  3. 会員は、会員特典を受けることができます。無料会員・有料会員それぞれの会員特典の内容については、ULA が運営する Web サイト(以下、「ULA サイト」といいます。)にて告知し、会員特典の内容に変更がある場合も ULA サイトにて告知するものとします。


第3条(入会)

  1. 無料会員又は有料会員として入会を希望する者(以下「入会希望者」といいます。)は、以下の方法により、ULA に対して入会申込を行うことができます。

    1. 無料会員の場合

      ULA の定める一定の情報(以下「会員情報」といいます。)を ULA の定める方法で ULA に提供することにより、ULA に対して入会を申込むことができます。

    2. 有料会員の場合

    ①初年度年会費を支払う場合

    会員情報を ULA の定める方法で ULA に提供し、かつ、ULA の定める初年度年会費を ULAの指定する方法で支払うことにより、ULA に対して入会を申込むことができます。なお、振込手数料は入会希望者の負担とします。

    ②ヒューマンアカデミー株式会社が提供する「ウクレレコミュニケーター養成講座」(本

    件講座を購入する場合

    会員情報を ULA の定める方法で ULA に提供し、かつ、本件講座の受講料(以下「本件受講料」といいます。なお、初年度年会費は当該代金に含まれています。)を同社の指定する方法で支払うことにより、ULA に対して入会を申込むことができます。なお、振込手数料は入会希望者の負担とします。

  2. ULA は、入会希望者から前項の入会申込があった場合、以下に定める方法により会員 ID を発行します。ただし、第4項に定める場合を除きます。

    1. 無料会員の入会申込について

      前項(1)に定める会員情報の確認後、入会希望者に対し会員 ID を発行します。

    2. 有料会員の入会申込について

    前項(2)に定める会員情報及び初年度年会費の入金又は本件受講料の入金の確認後、入会希望者に対し会員 ID を発行します。

  3. 前項に定める会員 ID の発行をもって入会手続は完了し、入会希望者は会員資格を取得するものとします。

  4. ULA は、第1項の入会希望者が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、当該入会希望者の入会申込を承認しないことがあり、その理由について一切の開示義務を負わないものとします。

    1. 入会申込に際して虚偽の事項を届け出た場合

    2. 第1項に定める初年度年会費の入金又は本件受講料の入金を確認できなかった場合(有料会員の場合に限る)

    3. 過去に本規約に違反した者からの入会申込である場合

    4. 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これに準じる反社会的勢力(以下「反社会的勢力」といいます。)に該当し又は関係すると合理的に認められる場合

    5. 前各号のほか、入会を承認できないと ULA が判断した場合

  5. 入会希望者の入会申込が承認されなかったために入会希望者が被った損害について、ULA は一切責任を負わないものとします。


第4条(会員への通知)

ULA から会員への通知は、会員情報に記載されたメールアドレス又は住所宛てに、配信又は郵送の方法によって行います。


第5条(会員 ID の管理)

  1. 会員は、自己の責任において、会員 ID を適切に管理するものとし、これらを第三者に利用させ、または貸与・譲渡・名義変更・売買等をしてはならないものとします。

  2. 会員は、会員 ID の失念または又は第三者による使用が判明した場合、直ちに ULA にその旨を届け出るとともに、ULA からの指示に従うものとします。

  3. 会員 ID の管理不十分、第三者による使用等によって生じた損害に関する責任は、会員が

負うものとします。


第6条(有料会員の料金及び支払方法)

有料会員は、別途 ULA が定める年会費を、ULA が指定する支払方法により ULA に対して支払うものとします。ただし、初年度年会費の支払いについては、第3条第1項に定める方法によるものとします。


第7条(有効期間及び更新)

  1. 会員資格の有効期間(以下、「有効期間」といいます。)は、以下のとおりとします。

    1. 無料会員 会員資格を取得した日から第 10 条に定める退会手続が完了する日まで

    2. 有料会員 会員資格を取得した日から1年間

  2. 有料会員が会員資格を継続するには、更新手続を行う必要があります。ULA は、有効期間満了日の 1 ヶ月前までに、有料会員に対し、有効期間の更新手続に関する通知を行います。

  3. 有料会員は、前項の通知後、ULA 指定の期日までに、翌年度の年会費を前条に定める方法により支払うものとします。ULA が翌年度の年会費の入金を確認した時点で、更新手続は完了となります。

  4. ULA が、ULA 指定の期日までに、有料会員からの翌年度の年会費の入金を確認できない場合、当該有料会員は有効期間の満了日をもって自動的に退会となります。


第8条(会員情報・会員資格の変更)

  1. 会員は、会員情報に変更が生じた場合、ULA の定める方法により速やかに変更手続を行うものとします。会員が当該会員情報の変更を怠ったことにより損害が生じた場合でも、 ULA はその責任を負わないものとします。

  2. 有効期間中に無料会員が有料会員への会員資格変更を希望する場合、第3条第2項に定める方法により入会申込をするものとし、第 10 条に定める退会手続は不要です。有効期間中に有料会員が無料会員への変更をする場合は、第 10 条による退会手続後、第3条第1項に定める方法により入会申込をするものとします。


第9条(禁止事項)

会員は、以下の各号に定める行為又はそのおそれのある行為を行ってはならないものとします。

  1. 入会申込にあたって虚偽事項を申告、記載すること。

  2. ULA、ヒューマンアカデミー株式会社又は第三者の著作権、商標権その他知的財産権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。

  3. ULA、ヒューマンアカデミー株式会社又は第三者の財産、プライバシー、肖像権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。

  4. ULA、ヒューマンアカデミー株式会社又は第三者を差別若しくは誹謗中傷し、名誉若しくは信用を毀損する行為。

  5. 犯罪行為又は犯罪行為に結び付く行為、若しくはそれらのおそれのある行為。

  6. 会員の私的な利益を図る行為若しくはそれと疑わせる行為、又は宗教的行為などで ULAの関係者、他の会員などを勧誘する行為。

  7. 前各号の他、法令、本規約若しくは公序良俗に違反する行為、ULA の運営を妨害する行為

    (売春、暴力、残虐な行為を含む)又は ULA に不利益を与える行為。

  8. 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為

  9. 前各号のいずれかに該当する行為を助長する行為。

  10. その他、ULA が不適切であると判断する行為。


第 10 条(退会)

  1. 会員は、退会を希望する場合、ULA の定める方法で ULA に対し退会の旨を通知することで ULA を退会することができます。ULA による当該通知の受領をもって退会手続は完了となります。

  2. 会員は、退会手続完了日が属する月(以下、「退会月」といいます。)の翌月より、会員特典を受けることができなくなります。

  3. 有効期間中に退会した有料会員は、ULA に対し、支払済みの年会費から退会月までの月数を按分控除した金額について、返金を請求することができるものとします。

  4. 一度退会した会員が再入会を希望する場合、ULA 指定の入会手続を行い、会員資格を再取得することができます。


第 11 条(個人情報の使用)

ULA は、会員が登録した個人情報を、別添「プライバシーポリシー」に従い、適切に取り扱うものとします。


第 12 条(利用制限および会員資格の取消し)

  1. ULA は、会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合に、会員に事前の通知をすることなく、会員に対して会員特典の全部若しくは一部の利用を制限し、又は会員資格を取り消すことができるものとします。

    1. 法令又は本規約のいずれかの条項に違反した場合

    2. 会員更新手続が行われなかった場合

    3. 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

    4. 会員特典の利用に関して不正行為があった場合

    5. 反社会的勢力に該当し又は関係すると認められる場合

    6. その他、ULA が会員として相応しくないと判断した場合

  2. ULA が前項の措置を講じた結果会員に損害が発生した場合、ULA の故意または重過失がない限り、ULA はその責任を負わないものとします。

  3. 有料会員が、第 1 項に基づき会員資格を喪失した場合、理由の如何を問わず、支払済みの年会費については、当該有料会員に返還されないものとします。

第 13 条(会員資格の譲渡等の禁止)

会員は、会員資格及び本規約の地位等の一切の権利及び義務について、第三者に譲渡、貸与、売却、担保の提供及びその他の処分をしてはならないものとします。


第 14 条(免責)

  1. ULA は、会員 ID の利用に伴い会員に生じた損害について、ULA の故意又は重過失がない限り、その責任を負わないものとします。

  2. ULA は、会員の責めに帰すべき事由により、会員特典を受けられない場合又は制限される場合の損害について、ULA の故意又は重過失がない限り、その責任を負わないものとします。

  3. ULA は、郵便局等の各種機関による手続の不備や事故について、ULA の故意又は重過失がない限り、その責任を負わないものとします。

  4. 会員間で紛争が生じた場合、当該会員間において紛争を解決するものとし、ULA は当該紛争につき、ULA の故意または重過失がない限り、その責任を負わないものとします。会員が退会・資格喪失した後も、本項は当該会員に対して効力を有するものとします。


第 15 条(権利の帰属)

  1. ULA が会員に対して提供する資料、データ、その他一切の情報の著作権は、ULA その他の権利者に帰属するものとし、会員は、ULA その他の権利者の許諾を得ることなく、情報の全部又は一部の複製、転載、改変等を行わないものとします。

  2. 会員が ULA に対し提出した資料、データ、その他一切の情報に関しては、会員が事前に留保しない限り、ULA が対価を支払うことなく使用(複製・改変・翻案を含む。)することができるものとします。

  3. 本条は、会員が退会等により会員資格を喪失した後も、当該会員に対して継続して効力を有するものとします。


第 16 条(規約の変更)

ULA は、本規約を変更できるものとします。ULA は、本規約を変更する場合、規約を変更する旨、変更後の規約及び変更後の規約の効力発生時期を、ULA サイト上で照会できる状態におくものとします。


第 17 条(協議及び合意管轄)

  1. 本規約に定めがない場合又は本規約の解釈に疑義がある場合、ULA 及び会員は双方誠意をもって話し合い、これを解決するものとします。

  2. 本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

付則 この規約は2021年●月●日から施行します。

一般社団法人デザイナーズスキル認証機構 ウクレレライフ協会